椅子と椅子の間から観る

映画とかゲームとかの話

【映画感想】キングスマン:ゴールデンサークル【ネタバレ無し】

※※※前作のネタバレは含みます※※※

 

■総評(GOOD)

・映画界最高峰のアクション

・ノリノリの音楽

・感動できるドラマ性

・敵が魅力的

 

■総評(BAD)

・前作の内容をちゃんと覚えていないと分からな演出が多数

 

 

 

全てがパワーアップした完璧な続編

オープニングのアクションでもう「これは凄い続編だ!観に来て良かった!」と思えた。

 

前作は登場人物と世界観の説明の為に序盤に退屈さが有ったが、

今回はそこをすっ飛ばせる続編の強み。

 

長回しを駆使した独特のアクションは更にパワーアップしていて、

前作を観ていてもなお「こんな凄いアクション観たこと無い!」と感じた。

数々のスパイグッズの活躍を見るだけでワクワク出来るキングスマンはやっぱり最高だ。

 

前作は日本での公開が遅く公開規模も小さかったが、

なんと今作はIMAXシアターでの上映も有り!

僕はIMAXへ見に行ったが、IMAX鑑賞にふさわしい迫力になっており、

前作も公開日に映画館へ駆けつけた身としては嬉しい限りである。

 

キングスマンらしい魅力的なキャラクター、ノリノリの音楽、下品さと残酷さ

どれもが最高だった。

 

前作の敵役であるサミュエル・L・ジャクソンも最高だったが、

今回のジュリアン・ムーアのぶっ飛びっぷりも相当なもの。

ドン引きするぐらいイカれており、これでこそ倒すべき敵のボスだよ!

と思える。

 

ただし、前作を観ている上で内容を覚えている事が前提で作られているし、

クセの強さも増しているので、

より好みが分かれる映画になっている印象も受けた。

 

ドラマ部分が面白い!

前作も中々にストーリーが良く出来ていたが、

今作は更にドラマパートが面白かった。

 

公開前からハリーの復活を喧伝していたが、

前作で衝撃的な最後を迎えただけに「復活する」事に不安を感じていた。

 

が、実際に見てみると、ハリーの復活劇が本当に素晴らしかった。

過去のキャラが復活!でここまで成功した例は無いと思えるほど。

 

麻薬の是非についての社会風刺も効いているし、

二転三転して先が読めない展開が本当に面白かった。

 

141分という上映時間の長さだが全く退屈すること無く、

夢中になっている間に終わってしまった。

 

ただ、日本人だとちょっとピンとこない内容かな?という気もする。

ドラマパートではないが、

某大物歌手ネタは世代が違う事も有りいまいち乗れなかった。

 

今後のキングスマン・ユニバース

キングスマン・ユニバース」は勝手に僕が名付けたが、

今作で登場したテキーラチャニング・テイタム)主人公のスピンオフを計画中との事。

 

それとは別に第3作の構想も有るらしい。

 

世界観とキャラクターが魅力的なので続いて欲しい作品だが、

監督であるマシュー・ヴォーンの作家性が強いので、

別の人が監督を務める事になれば不安も感じる。

 

スピンオフは別の人が監督をやるようだが、

その出来栄えによって今後のキングスマンがどうなるか左右されそうな予感がする。

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村