椅子と椅子の間から観る

映画とかゲームとかの話

キングコング: 髑髏島の巨神 感想(ネタバレなし)

■総評

文句なし、大満足!

 怪獣好きなら絶対に観るべし!

 

 

■感想

ピーター・ジャクソン版のキングコングから12年ぶりの新しいキングコング

 

ピーター・ジャクソン版も面白かった。

コングとレックスの激闘には胸が震えた。

 

でも、

・島に着くまでが長い

・「美女と野獣」の要素が大きなテーマなのでイマイチ爽快感が得られない

という点で、何度も見ようと思える作品ではなかった。

 

しかし本作は出来る限り余計な要素を削ぎ落とし、

「怪獣が暴れてりゃあそれで良いんだよ!観てて楽しいだろ!?」

という制作陣の割り切りっぷりを感じる素晴らしい作り。

 

ピーター・ジャクソン版はあくまで「キングコングのリメイク」だったけど、

本作はそれとは関係ない「怪獣映画としてのキングコング」なんだと思う。

 

そして、個人的に最高だったのが、

存在感が強すぎるサミュエル・L・ジャクソン

 

キングコングという映画として観た時に、

サミュジャクの存在感の強さは邪魔にも思える。

でも、サミュジャク大好きな僕としてはこれ以上無い満足感!

マザファッカ職人サミュエル・L・ジャクソン渾身のマザファッカを聴けて最高に幸せでした。

 

あと、日本のとあるアイテムを使った謎の日本アゲなアクションシーンが有る!

(予備知識無しで観て欲しいので、ギリギリ言えてこれくらい。)

どうやら監督が日本のアニメやゲームが大好きらしいので、あのシーンが生まれたのだろう。

キングコング関係なく、やってみたかっただけだろ!」

というのが伝わってくる名シーンであり珍シーン。

 

監督のジョーダン・ヴォート=ロバーツはこれが監督作品としては2つ目で、

これ程までに素晴らしい作品を作ってしまったので、今後が楽しみ。

 

スタッフロール後にオマケ映像が有るけど、

ゴジラ(2014)→キングコング(2017)→ゴジラ2→ゴジラvsキングコング

と繋がっていくレジェンダリー・ピクチャーズの怪獣ユニバースへの期待も高まる。

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村