椅子と椅子の間から観る

映画とかゲームとかの話

【映画感想】スパイダーマン:スパイダーバース【ネタバレ無し】

■総評(GOOD)

・最高のストーリー

・最高のキャラクター

・最高のアクション

・最高のギャグ

・最高の音楽

・アニメとしての新しい表現

 

■総評(BAD)

・ある程度スパイダーマン作品を見ていないと十分には楽しめないと思われる

 

 

もう、とにかく、素晴らしい映画だった。

 

各キャラクターの紹介のスムーズさ、濃密なストーリー、

魅力的なキャラクター、格好良い音楽、アニメならではの凄まじいアクション、

どこをとっても最高で、ハチャメチャに面白かった。

 

「なんでもアリ」ですっごい馬鹿馬鹿しいのに人間ドラマもしっかり描いてて、

アクションシーンも豊富で、一体この情報量をどうやって1本の映画にまとめたのか、

見終わってしばらく経った今も理解できない……!

 

敵のフィクス(キングピン)のキャラクター性も、

わずかな表現でしっかり描いてるんだから見事という他ない。

 

そして何よりすごいのが、アニメとしての表現。

文章でいくら言っても伝わらないだろうが、

「コミックがそのまま動いている!」という感動。

 

しかも、全く画風の違う複数のキャラクターが同時に動いているという、

見ていて脳みそがオーバーヒートしそうな、奇跡のような演出が凄まじい。

 

そりゃあアカデミー賞で長編アニメ賞取るわな、と納得せざるを得ない大傑作。

 

スタッフロールもオマケ映像も工夫満点で最後まで最高に笑えて、

本当に素晴らしい映画を見てれ大満足。