椅子と椅子の間から観る

映画とかゲームとかの話

【映画感想】ドラゴンボール超:ブロリー【ネタバレ無し】

■総評(GOOD)

・1本の映画としてまとまりがあり、終わり方も綺麗なストーリー

・過去の話を生かした展開が熱い

・見終わった後疲れを感じるほど満載なアクション

 

■総評(BAD)

・BGMの主張が強すぎて気が散る

・CGで描かれているシーンにやや違和感がある

・熱心なファン程過去の設定との矛盾が気になるかも

 

 

間違いなく、ドラゴンボール史上最高傑作であった。

後半はひたすらアクションで、

マッドマックス:怒りのデス・ロードを彷彿とさせる物量。

 

とにかく派手で格好良くて楽しかった。

 

それだけでなく、ストーリーも非常に良かった。

過去の設定を捨てて再構成されているのは賛否両論だと思うが、

1本の映画としてみた時に非常にまとまりがあったので個人的には成功だと思う。

(アメコミ作品で「過去の設定がなかった事にされる」のに慣れているのも有るかも知れないが。)

 

前半で各キャラを丁寧に描いたことでラストの展開も納得出来る物だった。

ドラゴンボールの映画は最後無理やり終わらせる事が多かったので……。)

 

特にチライさんが良かった。

ドラゴンボールシリーズの中でもトップクラスに好きになれるくらいだ。かわいかった。

 

過去のストーリーに関連して話が展開する演出も最高に熱かった。

フリーザが圧倒的にクズなまま、というのが素晴らしい。

 

BGMがうるさすぎる、CGのシーンがちょっと微妙、

といった細かい不満点は有るが、そんな物を文字通り吹き飛ばしてくれる、

最高に熱い映画だった。

 

チライさん含め是非とも続編となる映画を作って欲しいが、

果たしてこれ以上のものを作れるのか?と不安になってしまう。